【サッカー】<南野拓実が豪快弾!>ザルツブルク、伊東純也のゲンクに4発快勝でGL突破に望み

1 :ぜかきゆ ★:2019/12/02(月) 05:19:54.51 ID:E2CfHzxs9.net
 セリエA第14節が12月1日に行われ、ナポリと日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は2試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 試合は41分、ホームのナポリが先制した。ロレンツォ・インシーニェがペナルティエリア前右からミドルシュートを放つと、GKに弾かれたボールをフェルナンド・ジョレンテが押し込んで先制点を挙げた。

 だが、1点ビハインドで折り返したボローニャは58分、冨安が右サイドからパス交換で攻め上がり、最後はエリア左のニコラ・サンソーネがクロスを送ると、DFのクリアでファーに流れたボールをアンドレアス・スコフ・オルセンがダイレクトで押し込み、同点に追いついた。さらに80分には、ブレリム・ジェマイリからのパスでサンソーネがエリア内に抜け出して、冷静に右足シュートを沈めて逆転に成功した。

 ナポリは後半アディショナルタイム4分、カリドゥ・クリバリからのロングパスをジョレンテがエリア中央で胸トラップから左足で流し込むが、VARの判定により、オフサイドでノーゴールとなった。試合はこのままタイムアップ。ボローニャが難敵ナポリに逆転勝利を収め、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

 次節、ボローニャは8日にホームでミランと、ナポリは7日にアウェイでウディネーゼと対戦する。

【スコア】
ナポリ 1−2 ボローニャ

【得点者】
1−0 41分 フェルナンド・ジョレンテ(ナポリ)
1−1 58分 アンドレアス・スコフ・オルセン(ボローニャ)
1−2 80分 ニコラ・サンソーネ(ボローニャ)

SOCCER KING 12/2(月) 4:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004683-soccerk-socc

0件をまとめました。
最新情報はこちら